「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

沖縄が日本を倒す日

沖縄が日本を倒す日

「民意の再構築」が始まった

オキナワガニホンヲタオスヒ

著 者
ISBN
978-4-7803-0819-8 C0031
判 型
四六判
ページ数
256頁
発行年月日
2022年01月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

「オール沖縄」の展望はここにある
焦点となる参議院選挙に向けた野党の選挙協力。思い起こせば、ちょうど一年前、沖縄では、自民党を除名された保守勢力から共産党までが一緒になり、翁長知事を誕生させるとともに、直後の総選挙で自公候補を相手に全勝した。お互い、相手を「悪魔」とみなしていたのに、なぜそんなことが可能になったのか。『銀の夢ーオグリキャップに賭けた人々』で講談社ノンフィクション賞を受賞した著者が、沖縄に移り住んで数年、綿密に取材した成果を世に問う。

目次

第1章 玉城デニー知事誕生の真実〈上〉
第2章 玉城デニー知事誕生の真実〈中〉
第3章 玉城デニー知事誕生の真実〈下〉
第4章 国策に翻弄されてきた地方都市・名護市民の心の叫び
第5章 翁長雄志前知事の功績、または政治家の「格」について
第6章 「オール沖縄」は弱体化したのか
第7章 沖縄からはこの国の狂った姿がくっきり見える

著者プロフィール

渡瀬 夏彦 ワタセナツヒコ

ノンフィクションライター。1959年埼玉県生まれ。

関連情報

現在はありません