「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

イギリスの詩を読む

イギリスの詩を読む

ミューズの奏でる寓意・伝説・神話の世界
奈良女子大学文学部〈まほろば〉叢書

イギリスノウタヲヨム

編著者
ISBN
978-4-7803-0824-2 C0398
判 型
A5判
ページ数
156頁
発行年月日
2016年03月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

シェイクスピアの表現の技巧、ジョン・ダンとエンブレムの読み解き方など、若い読者が英詩を鑑賞し論じる上で役立つ入門書。

本書の特徴

1)
こんな切り口なら、英詩の鑑賞も楽しめる!英詩の入門書として最適
2)
多くの図画で、詩をビジュアルと合わせて解説

目次

はじめに
第一章
詩は写実する シェイクスピアのエクフラッス
第二章
詩は喩える エンブレムと読むジョン・ダン
ある日の授業風景 その1
第三章
詩は物語る1 〈取り替え子〉として読む 『ゴブリン・マーケット』
第四章
詩は物語る2 「シャーロットの乙女」にみる芸術する女の運命
第五章
詩は変奏する 居間に巣食う蛇嫁たちの唄
ある日の授業風景 その2
作品と注釈

Chapter

chapter1
シェイクスピアの詩『ルークリース』と戯曲『アントニーとクレオパトラ』『リア王』から、作中人物によって絵画や情景が描写される場面を取り上げ、彼らが言葉によって対象をただ写すのではなく、いかに現実を、そして劇空間を創出していくかをみます。
chapter2
比喩に焦点を合わせながら、ジョン・ダンの詩をエンブレムという文芸ジャンルと絡めて読み解きます。
chapter3
クリスティーナ・ロセッティの『ゴブリン・マーケット』は、妖精についての詩であるにもかかわらず、これまであまりその視点から論じられることはありませんでした。〈取り替え子〉の民間説話と関連づけて読んでみることにします。
chapter4
アルフレッド・テニソンの物語詩「シャーロットの姫」を取り上げ、ラファエロ前派の絵画を眺めながら、詩の「模写する」姫が、女 流芸術家として辿らなければならなかった運命を追います。
chapter5
リリスとメドューサを取り上げ、詩人ロバート・ブラウニングとキャロル・アン・ダフィーが伝説や神話をどのように利用し、語 り替えているかを探ります。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません