「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

安保法制違憲訴訟

安保法制違憲訴訟

憲法を取り戻すために
かもがわブックレット202

アンポホウセイイケンソショウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0847-1 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2016年06月 
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

 戦争法の廃止をめざして 
安保法制違憲訴訟は4月26日、東京地裁に提訴された。原告は500人余、代理人弁護士は620人余にのぼる。引き続き、全国各地での同様の訴訟が相次ぐ。
市民運動、野党共闘と結んで、立憲主義を守ろうという壮大な取り組みを紹介する。

目次

1
私たちが安保法制の違憲訴訟を提起する意義 (寺井一弘・伊藤真)
2
原告の決意表明から
3
安保法制違憲訴訟を支援する会から (鎌田慧)
4
憲法学者からの連帯のメッセージ (青井未帆)
5
違憲訴訟Q&A
6
差止請求行政訴訟及び国家賠償請求訴訟 (訴状要約)

著者プロフィール

安保法制違憲訴訟の会 アンポホウセイイケンソショウノカイ

共同代表

伊藤 真
(法学館憲法研究所所長)
内田雅敏
(戦争をさせない1000 人委員会 事務局長)
黒岩哲彦
(東京弁護士会元副会長)
杉浦ひとみ
(コスタリカに学ぶ会事務局長)
田村洋三
(名古屋高等裁判所元裁判官)
角田由紀子
(一票で変える女たちの会呼びかけ 人)
寺井一弘
(日本弁護士連合会元事務総長)
福田 護
(厚木基地訴訟副弁護団長)
堀野 紀
(日本弁護士連合会元副会長)

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません