「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

いのちの証言・二硫化炭素中毒

いのちの証言・二硫化炭素中毒

ラマッツィーニ、現代によみがえれ

イノチノショウゲン・ニリュウカタンソチュウドク

著 者
ISBN
978-4-7803-0859-4 C0036
判 型
A5判
ページ数
112頁
発行年月日
2016年09月
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

内容

 職業病とチーム医療の35年 
繊維労働者を襲った慢性二硫化炭素中毒。その35年の取り組みを振り返り、労働と健康を見つめ直そうというチーム医療の姿を描き出す。

医学に情あり、人々には志しあり

 京都大学医学研究科環境衛生学分野教授 小泉 昭夫 
命を維持するための労働が健康を障害する、この理不尽さに苦悩してきた労働者と家族。二硫化炭素労災のたたかいは、韓国での労災問題とつながって行く。医師として、組織者として、関係者と連携して解決に導いた産業医学者の実践記録。医師には国際産業保健の実践書として、一般の方々には「健全な労働」を考える契機となる書。

著者プロフィール

吉中 丈志 ヨシナカタケシ

1952年山口県生まれ。京都大学医学部卒業。
2002年から京都民医連中央病院院長、13年から京都府保険医協会理事。総合内科専門医。循環器専門医。プライマリケア連合会指導医。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません