「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

アメリカ白人が少数派になる日

アメリカ白人が少数派になる日

「2045年問題」と新たな人種戦争

アメリカハクジンガショウスウハ二ナルヒ

著 者
ISBN
978-4-7803-1085-6 C0031
判 型
四六判
ページ数
200頁
発行年月日
2020年05月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

「多文化主義社会」を模索する動き
2045年、アメリカの白人はついに少数派になる。
そのことへの恐怖心が、アメリカ白人をトランプ支持に駆り立てる。
アメリカで共生社会は実現するのか?
人種問題をはじめアメリカ社会を30年以上にわたり取材してきたジャーナリストが放つ衝撃の書。

目次

はじめに
第一章
多数派支配の終焉で追いつめられる白人たち
第二章
移民、有色人種を攻撃する大統領
第三章
白人至上主義、極右テロの脅威
第四章
世界に広がる反移民主義と過激思想
第五章
白人支配の維持か、多文化主義の実現か
第六章
多文化主義は日本にとっても重要な課題
おわりに

【ジャーナリスト矢部武さんより】


著者プロフィール

矢部 武 ヤベタケシ

1954年、埼玉県生まれ。ジャーナリスト。
70 年代半ばに渡米し、アームストロング大学で修士号を取得。帰国後、米紙「ロサンゼルス・タイムズ」東京支局記者等を経てフリーに。人種差別から銃社会、麻薬など米国深部に潜むテーマを抉り出す一方で、高齢化や社会問題などを比較文化的に分析し解決策をさぐる。

関連情報

現在はありません