「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

アイヌの権利とは何か

アイヌの権利とは何か

新法・象徴空間・東京五輪と先住民族

アイヌノケンリトハナニカ

編著者
北大開示文書研究会:編
ISBN
978-4-7803-1100-6 C0031
判 型
四六判
ページ数
200頁
発行年月日
2020年07月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

本当の共生への課題を考える
初めて先住民族と認める「アイヌ新法」施行、アイヌの文化拠点「象徴空間(ウポポイ)」完成、その中で置き忘れられるアイヌの誇りと願いー。
本当の共生社会はどうすれば実現できるのか。アイヌと世界各地の先住民族の今を通して考える。

目次

アイヌ新法と日本政府
第1章 演出された民族共生
第2章 世界の先住民族とアイヌ
第3章 「共生の五輪」と先住権
先住権とアイヌ民族
第1章 アイヌの誇りを胸に
第2章 アイヌ先住権の本質

著者プロフィール


テッサ・モーリス=スズキ

1951年、イギリス生まれ。オーストラリア国立大学名誉教授。専門は日本思想史、日本社会史。

市川 守弘 イチカワモリヒロ

1954年、東京生まれ。中央大学法学部卒、弁護士。

関連情報

現在はありません