「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

あるすてねこさんのおはなし

あるすてねこさんのおはなし

アルステネコサンノオハナシ

著 者
はしもと えりこ:絵・うすい あさみ:作
ISBN
978-4-7803-1166-2 C8793
判 型
190mm×190mm 上製
ページ数
32頁 オールカラー 総ルビ
発行年月日
2021年07月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

獣医師が描く切実な命の物語
ある日、突然、捨てられて、ひとりで生きなければならなくなった白猫さんのお話です。
猫もあなたと同じ、悲しい、寂しいと感じる、お腹も空く。子どもたちがそれを知るだけできっと世の中は変わります。

巻末解説より

「残念ながら日本には動物の問題に関しての教育がなく、大人になっても現実を知らないままの方もたくさんいます。子どもたちにきちんと伝え、知ってもらうことは、負の連鎖をなくすために、何よりもだいじなことです。どうすれば『命』を大切にできるようになるのか?この絵本が、そんな対話のきっかけになることを心から願っております。」

読者の声

投稿者:女性 60歳代 歯科衛生士

評価: ☆☆☆☆☆
切ないです。涙がとまりません。
人間の勝手に翻弄される猫達。
それでも、自分を捨てた飼い主を待ち続けて 空へと登って行く愛おしい命。
どうか悲しい想いをする猫達が少しでも減りますように。
自分の都合で、愛おしい命を見捨てる勝手な飼い主が減りますように。
そう願ってやみません。

投稿者:女性 50歳代 パート主婦

評価: ☆☆☆☆☆
読んでいて、涙、涙、涙です。何度読んでも泣いてしまう悲しいお話しです。悲しいですが、こんな現実も実際にある、と言う事を知らないといけないと思います。
絵本になる前から YouTubeで何度も何度もみては、泣きました。
自分の大切な家族を 自分勝手に捨ててはいけない。物ではありません。尊い命です。
家族を迎える時には、何があっても最期迄 看ると言う覚悟が出来なければ迎えては いけないと思います。お互い辛く、不幸になるだけなので。
家族として迎えた子達(長生きして、天寿を全うした子達も含む)本当に測り知れない幸せを与えてくれ、癒やしてくれ、寄り添ってくれます。
とても大切で、ずっとずっと長生きして欲しいと思いながら、生活しています。
この絵本が沢山の人達に読んでもらえたら、知ってもらえたら、と心から思います。
第一段のお母さんのらねこのおはなしも クラウドファンディングから応援し、YouTubeでみて、一般購入も致しました。
お話しは、悲しいですが これからも頑張って欲しいと思います。
長くなり、すみませんでした。絵本が出来るのを心待ちにしていたので、出来上がって良かったです。

投稿者:女性 20歳代 会社員

評価: ☆☆☆☆☆
私も、TNR活動まではやりきれてませんが、この世の中、動物を捨てる行為や、
虐待などが耐えないですね。
私も色んなネット情報などみて猫ちゃんをもしお迎えるなら保護猫カフェから幸せ
にしてあげたい。先住猫ちゃんが居てこの子も保護猫です。
一緒に過ごし始めて10年位経とうとしてます。
捨てる人の気がしれません。
この本をもっと色んな人に読んで学んで欲しいなと思いました。

著者プロフィール

はしもと えりこ ハシモトエリコ

大阪府立大学農学部獣医学科卒業。大阪市内の動物病院、天美動物診療所勤務後、2018年Happy Tabby Clinic開院。2019年一般社団法人Happy Tabby設立。野生動物に憧れて獣医師になったが、働くなかで猫の過剰繁殖により引き起こされる諸問題やその解決に奔走するボランティアの姿を目の当たりにし、獣医師がすべきこと、だからこそできることを模索し、現在に至る。

うすい あさみ ウスイアサミ

一般社団法人Happy Tabby設立時社員。

関連情報

現在はありません