「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

恐ろしい医師たち

恐ろしい医師たち

ナチ時代の医師の犯罪

オソロシイイシタチ

著 者
ISBN
978-4-87699-853-1 C0022
判 型
四六上製判
ページ数
144頁
発行年月日
2005年01月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

犯罪を犯した医師たちのその後を検証する
ナチ支配下、医師や医学者が犯した数々の人体実験・殺人など恐るべき犯罪と背景、医師たちのその後を検証する。

目次

第1部
前史、ナチ独裁に至るまで
第2部
医師の犯罪 1933年ー1945年
第3部
ニュルンベルグ裁判

読者の声

投稿者:

評価: ☆☆☆
介護の資格取得を目指す方々の講師をしています。「ノーマライゼーション」を教えていく関係上、必要な知識と考えて読みました。福祉従事者に対して「人間理解」を深めてもらう目的があります。

著者プロフィール

ティル・バスティアン ティル・バスティアン

1949年生まれのドイツの医師で、作家として、また平和活動家として名高い。ナチ時代に研究者としても知られる。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません