「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

保育者と保護者がはぐくむ「対話のちから」Q&A55

保育者と保護者がはぐくむ「対話のちから」Q&A55

モンスターペアレント論をこえて!

ホイクシャトホゴシャガハグクムタイワノチカラQ&A

編著者
ISBN
978-4-7803-0204-2 C0037
判 型
A5判
ページ数
160頁
発行年月日
2008年08月 
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

「モンスターペアレント」と呼ばれる親とのコミュニケーションのとり方で悩んでいる保育士さん。毎日、子育てで忙しい親だって保育園や先生に聞きたいこと、言いたいことがある!「モンスターペアレント」と呼ばないで、共に手をつなぎたい.その思いのズレを少しでも縮めるための1冊です。
もっとステキな子育てを一緒にするための質問60項目に対して、現場の先生たちが答えます。見開きで読みやすく、気になる質問から読んでいただけます!

目次

序 章
保育現場で大切にしたいコミュニケーションのポイント
第1章
保育現場で迷ったことんなこと! あんなこと
Q1 子どものかみつきで「相手の親を教えろ」と言われるのですが・・・。
Q3 水ぼうそうなどの流行の病気のとき「うちの子だけには、うつらないように・・・」って言われたのですが・・・.
第2章
保護者が困ったこんなこと! あんなこと
Q25 ニンジンが食べれなくて、登園をいやがっているのですが・・・
Q34 朝早く、夜遅いお迎えで、担任の先生に会えないので、聞きたいことがあっても聞けない・・・
第3章
保護者と保育者が手をつなぐとき
Q51 保護者会の役員を決めるとき、何かいい方法はありませんか?
Q58 署名活動や情勢学習会を園内で開くことを行政が認めないのですが・・・

著者プロフィール

浅井 春夫 アサイハルオ

1951年8月、京都に生まれる。日本福祉大学大学院(社会福祉学専攻)を修了。東京の児童養護施設で12年間、児童指導員として勤務する。立教大学コミュニティ福祉学部教員。専門は、児童福祉論、セクソロジー。特に児童養護実践論、性教育、子ども虐待、社会福祉労働論を専門分野にしている。

石川 幸枝 イシカワユキエ

高陽なかよし保育園 園長

樋口 和恵 ヒグチカズエ

大阪保育運動連絡会 副会長

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません