「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

保育制度改革と児童福祉法のゆくえ

保育制度改革と児童福祉法のゆくえ

ホイクセイドカイカクトジドウフクシホウノユクエ

著 者
ISBN
978-4-7803-0336-0 C0036
判 型
四六判
ページ数
208頁
発行年月日
2010年03月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

いま求められる児童福祉制度
民主党を中心とする新政権の下、格差を拡大し自己責任を押し付ける「新自由主義的改革」「規制緩和路線」が、保育の分野においては、止まるどころか加速する気配を見せているなかで、高齢者介護制度・障害者福祉制度など先攻する社会保障分野の問題をおさえつつ、保育制度改革の本質といま求められる児童福祉制度について、最新の情報をもとに丁寧に描き出す。

目次

第1章
広がる子どもの貧困と保育所待機児童の増大
第2章
児童福祉法と公的保育制度
第3章
保育制度改革の展開と新保育制度案の提示
第4章
新保育制度案のあらましと問題点 1
第5章
新保育制度案のあらましと問題点 2
第6章
保育制度改革のゆくへと課題

著者プロフィール

伊藤 周平 イトウシュウヘイ

1960年生まれ。
東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。
社会保障研究所研究員、法政大学を経て、現在、九州大学助教授。

関連書籍

現在はありません

関連情報

現在はありません