「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

百年後の友へ

小説・大逆事件の新村忠雄

ヒャクネンゴノトモヘ

著 者
ISBN
978-4-7803-0482-4 C0093
判 型
四六判
ページ数
224頁
発行年月日
2011年10月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

近代日本最大の冤罪事件
大逆事件百周年にあたり長野県出身の中心人物新村忠雄の生涯が蘇る!
処刑された12名の1人である長野県千曲市出身の新村忠雄を軸に、大逆事件の顛末を描いた史伝小説。近代日本最大の冤罪である大逆事件100周年にあたり、中心人物でありながら余り光を当てられなかった新村の生涯が蘇る。

目次

生い立ち/「高原文学」を出す/巣鴨の幸徳秋水宅へ行く/出獄、そして宮下太吉に合う/菅野すが/明治四十二年(一九〇九)三月、忠雄紀州新宮へ/忠雄平民社へ帰る/幸徳秋水の躊躇/長野県東筑摩郡明科町(現安雲野市)/奥宮健之/菅野、古村、新村の密談と千駄ヶ谷落ち/宮下太吉/ 逮捕される/新村忠雄 逮捕される/秋水と菅野すが/幸徳秋水拘束される/爆発物取締法違反事件から大逆事件へ/大石誠之助、森近運平拘引される/成石平四郎など紀州派検挙される/熊本派検挙される/捜査は大阪、神戸に、坂本清馬、内山愚堂も/公判開始される/平出修弁護士の弁論/判決/死刑執行とその後/徳富蘆花の講演と詩人の反応/冬の時代へ

大逆事件とは

明治43(1910)年に、明治天皇暗殺を計画した容疑で、26人が逮捕・起訴。翌44年1月18日に24人に死刑・2人に有期懲役の判決があり、翌19日に半数の12名は無期懲役に減刑、残る12名は24日に死刑が執行された。証拠も証人調べもなく、傍聴禁止の秘密裁判で、上告はなしという、近代日本最大の冤罪事件と言われている。

著者プロフィール

崎村 裕 サキムラユタカ

小説家。1937年長野市生まれ。「煩悩」で第21回日本文藝大賞自伝小説賞受賞。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

2011年11月18日 [信濃毎日新聞]に紹介