「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

福島のおコメは安全ですが、食べてくれなくて結構です。

福島のおコメは安全ですが、
食べてくれなくて結構です。

三浦広志の愉快な闘い

フクシマノオコメハアンゼンデスガ、タベテクレナクテケッコウデス。

著 者
ISBN
978-4-7803-0753-5 C0036
判 型
A5判
ページ数
144頁
発行年月日
2015年03月
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

1000万袋以上のうち、2012年=71、13年=28、14年=0
3年を経て福島のコメからは、国基準以上のセシウムは検出されなくなった。普通の除染のように土を取り除くと、田んぼから栄養も奪われる。だから、セシウムの多い表土を掘り起こし、稲が吸い込まない下の方に埋め返す、そんな地道な作業のくり返しだ。福島の農民の努力と厳格な検査の結果、コメの安全性に三浦は自信がある。しかし、「食べてほしい」とは言わない。「安全」の押しつけと反発する心も分かるから。ただただ安全なコメをつくり、測り続ける。売れないのは国と東電の責任だから、「食べる」「食べない」で国民が分裂してはダメ。売れないことの賠償は国・東電に求める。長い闘いだから楽しくやりたい。三浦のまわりには笑顔と笑い声があふれる。農民・三浦の愉快な闘いの記録。

読者の声

投稿者:無職 59歳 女性

評価: ☆☆☆
読みやすかった。内容も良かった。福島に限らず、農業そのものが厳しい日本において、なんだか勇気がわいてくるような本。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません