「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

文化面から捉えた東日本大震災の教訓

文化面から捉えた東日本大震災の教訓

ミュージアム政策からみる生活の転換

ブンカメンカラトラエタヒガシニホンダイシンサイノキョウクン

著 者
ISBN
978-4-7803-0754-2 C0036
判 型
A5判
ページ数
352頁
発行年月日
2015年03月
価 格
定価(本体価格2,700円+税)
ジャンル

内容

支援活動の経験、県別(福島・宮城・岩手等)・課題別(高台移転等)の被災状況と課題など東日本大震災の教訓を初めて包括的に分析。
ー4つの特徴
1、震災直後から開始された文化分野での支援活動の経験を、著者みずからの経験も含め紹介する。
2、地域別(茨城・福島・宮城・岩手)に、文化施設の被災状況、復興状況を紹介し、課題を提示する。
3、問題別(高台移転、放射線被害等)に、文化施設の被災状況、復興状況を紹介し、課題を提示する。
4、「方丈記」に見るコンパクトハウス、古代の住居に見る自然利用などを紹介しつつ、「住まう文化」の転換を訴える。

目次

第1部
震災と初動
第2部
文化をめぐる被害・文化による支援
第3部
震災から見えるいくつかの課題
第4部
脱依存と生活の転換

著者プロフィール

木下 達文 キノシタタツフミ

京都橘大学教授 文化政策・文化史原論、文化施設マネジメント論、展示メディア論

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません