「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

貧困と保育

貧困と保育

社会と福祉につなぎ、希望をつむぐ

ヒンコントホイク

編著者
ISBN
978-4-7803-0821-1 C0037
判 型
A5判
ページ数
232頁
発行年月日
2016年09月
価 格
定価(本体価格2,200円+税)
ジャンル

内容

  保育から子どもの貧困を考えるはじめての本  
保育者のまなざしを問い直し、これからの保育を考える
子どもの貧困が、社会問題としてクローズアップされ、2013年に子どもの貧困対策法が制定された今、乳幼児の育ちとその家族の暮らしは、どのようになっているのでしょうか?
それは、保育現場で、どのように表れているでしょうか?そして、乳幼児期の貧困は、将来の人生と社会にどのような影響を与えるのでしょうか?子ども・親・保育者のしあわせと、これからの保育のあり方を考えます。

目次

はじめに
子ども・親・保育者のしあわせと、これからの保育を考える
1
子どもの貧困と保育
2
保育現場・地域にみる子どもの貧困
3
保育所保護者への調査からみえた貧困
4
保育の貧困を考える
5
子どもの発達と貧困
6
若い世代の雇用・労働と社会保障
7
世界の幼児教育・保育と格差・貧困問題

前衛[2017年1月号]に紹介

日本教育新聞[2016年11月7日]に紹介

福祉新聞[2016年10月31日]に紹介

しんぶん赤旗[2016年10月23日]に紹介