「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ブラック化する保育

ブラック化する保育

ブラックカスルホイク

著 者
ISBN
978-4-7803-0831-0 C0036
判 型
四六判
ページ数
192頁
発行年月日
2016年05月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

♯保育園落ちたの私だ!♯保育士やめたの私だ!
いま、日本を揺るがしている《保育の闇》の背景を多角的に描き、理想の保育への希望を模索する大川えみる(change. org“保育士給与、月5万円増額してください”署名提唱者)が世に問う「日本の保育のリアル」。

目次

第1章
保育施設の事件・事故は構造的な問題
 ーマスコミも取り上げる保育事故・事件の背景とは
第2章
増える保育所でのトラブル
 ー背景に見える保育の現実
第3章
たいへんすぎる保育労働
 ー保育士不足の原因は?
第4章
運営法人と保育制度
 -家族経営による不祥事、行政とのなれあい
第5章
保育者の人間模様(1)
 ーマイルドヤンキーとゆとり世代
第6章
保育者の人間模様(2)
 ー問題をかかえる保育者
第7章
養成校で起こっていること
 ー保育の未来がここにあるとしたら
第8章
日本の保育の近未来
 ー国産の保育はぜいたく品に?
おわりに
理想の保育をもとめて

編集者のコメント

利用者の死亡事故、職員不足と不祥事があいつぐ現場、閉鎖的な業界、ブラック化を促進する国の制度改正。今日、介護業界で起こっていることは、明日の保育業界に起こる地獄絵である。

読者の声

投稿者:女性 49歳 保育教諭

評価: ☆☆☆☆
保育にかかわる人たちみんなが読むべき一冊だと思いました。現場におりますが、まさにその通り、と思います。気づいていかねばならない、目をそむけてはならないことが、正直にかかれてありました。保育者が持つ「その人の問題」が大きくあると、私も職場で感じておりましたし、養成校の問題点についてはとても衝撃を受けました。ありがとうございます!

投稿者:女性 52歳 保育園園長

評価: ☆☆☆☆
うなづける部分がたくさんあり、さっと読むことができました。事故事例から学ぶことも多く、職場作りにいかしていこうと思いました。

投稿者:匿名希望

評価: ☆☆☆☆
勤務5年になる保育士です。職場で働いているものとして、この本に欠かれた内容について非常に共感します。書籍として形にしてくださって、ありがとうございます。

著者プロフィール

大川 えみる オオカワエミル

保育園の園長を経て、短大教員として保育士養成に携わる。現在、フリーライター。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

毎日新聞[2017年2月19日]に紹介

福祉新聞[2016年12月12日]に紹介

ヤフーニュース(ダ・ヴィンチニュース)[2016年12月8日]に紹介

都市問題[2016年7月号]に紹介

AERA[2016年8月1日号]に紹介