「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

パブリックアートの現在

パブリックアートの現在

屋外彫刻からアートプロジェクトまで
奈良女子大学文学部〈まほろば〉叢書

パブリックアートノゲンザイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0912-6 C0370
判 型
A5判
ページ数
144頁
発行年月日
2017年04月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

パブリックアートが私たちに投げかけているものとは?
本書では、日本におけるパブリックアートの歴史を年代順にたどり、その可能性や課題についてみていくことで、パブリックアートがどのようなあり方をして、どんな意味や可能性を持っているのか考える。戦後の「平和」「愛」をテーマにした彫刻から、最近盛んに催されているビエンナーレなど、具体的な作品経験に即して、そこにどのような意図や狙いがあるのかを感じとる。

目次

はじめに
第1章
「彫刻のある街づくり」と「野外美術館」
第2章
都市のアート
第3章
外から内へ/内から外へ
第4章
アートプロジェクトの試み

著者プロフィール

柳澤 有吾 ヤナギサワユウゴ

奈良女子大学文学部教授

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません