「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

フィンランド 育ちと暮らしのダイアリー

フィンランド 育ちと暮らしのダイアリー

フィンランド ソダチトクラシノダイアリー

著 者
ISBN
978-4-7803-0920-1 C0036
判 型
A5判
ページ数
160頁
発行年月日
2017年06月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

フィンランドに暮らす著者が、子育てや異国で働く日々を綴る。学力のみが注目されるが、教育機会の平等など、日本社会を照らし出す。
========================================================
「日本とフィンランド、子育てするならどちらがいい?」
とてもひと言では答えられません。ただ、フィンランドでの子育てに、私は非常に満足しています。ここで生きていることが心地よく、ここで子どもを育てることに安心を覚え、自分たち家族が社会に支えられていることを感じながら、私は確かに生活しています。この本は、そんな私の日々の暮らしのなかでの記録です。私の綴るエピソード一つひとつの背景にあるフィンランド社会の仕組みや歴史を高橋睦子先生が専門的に解説してくださっています。
「世界でトップレベルの学力の要因は?」
フィンランドの教育の強さの根本にあるものは、なんと言っても、「教育の平等性」です。教育政策では、すべての子どもたちに教育を受ける平等な機会を提供することを原則としています。就学前教育、基礎教育、後期中等教育を通して、授業料や給食費は一切かかりません。特にすべての6 歳児を対象とした就学前教育、義務教育においては、教科書や教材、文具や筆記用具なども、無料で提供されます。

著者プロフィール

藤井ニエメラみどり フジイニエメラミドリ

タンペレ市在住・3児の母、学校指導補助員

ペトリ・ニエメラ ペトリ・ニエメラ

タンペレ市在住、通訳者・翻訳者・ガイド

髙橋 睦子 タカハシムツコ

吉備国際大学保健医療福祉学部教授。大阪外国語大学デンマーク語科卒業。外務省(語学専門職)勤務後、フィンランド・タンペレ大学で博士号取得。専門は、社会福祉・社会政策。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません