「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

広島の被爆と福島の被曝

広島の被爆と福島の被曝

両者は本質的に同じものか似て非なるものか

ヒロシマノヒバクトフクシマノヒバク

著 者
ISBN
978-4-7803-0954-6 C0036
判 型
四六判
ページ数
272頁
発行年月日
2018年03月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

原爆から原発へ、放射線被ばくと向き合う問題作。
市著者は広島で30年被爆者のこころとからだを診つつ被爆者が希望をもって生きられるように励ましてきた。
同時に原爆訴訟の先頭にも立ち、高線量被ばくを原爆症認定のしきい値とする政府のやり方と闘い続けている。
被爆者の苦悩は、家族を失った苦しみや闘病の苦しみも含め、全人格的なものであって被ばく線量だけでは推しはかれないからだ。
10年前に転居した福島で3・11に遭遇。広島とは被災のなかみが大きく異なるとはいえ、再び被ばく線量による切り捨てに直面する。
被災者は被災の苦しみがあるとはいうだけで救済されるべきではないのか。
同時に希望をもって暮らすには、被災者を線量の呪縛から解き放つべきではないのか。

目次

第一部
広島の被爆と核兵器をめぐって
第二部
福島の事故と被曝は何だったのか
終 章
両者は本質的に同じものか似て非なるものか

著者プロフィール

齋藤 紀 サイトウオサム

医師・福島わたり生協病院。福島県立医大卒。広島大学原爆放射能医学研究所、広島の福島生協病院長など歴任。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません