「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

「星野君の二塁打」を読み解く

「星野君の二塁打」を読み解く

奈良女子大学文学部〈まほろば〉叢書

ホシノクンノニルイダヲヨミトク

編著者
功刀 俊雄・栁澤 有吾
ISBN
978-4-7803-1153-2 C0037
判 型
A5判
ページ数
176頁
発行年月日
2021年03月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

変貌する歴史と深層に迫る新しい試み
戦後長きにわたり、国語や道徳教材として使われてきた少年小説「星野君の二塁打」は、どう書き改められ、どんな役割を背負ってきたのか――。命じられたバントでなくヒットを打った星野君の「罪」と「罰」をめぐり、文化史や教育学、心理学、倫理学などの視点から読み解きます。

目次

はじめに
第1章
星野君はどんな少年だったのか
第2章
文学と教育があわさるとき
第3章
道徳の再構築に向けて
第4章
開かれた物語としての「星野君の二塁打」
資料
「星野君の二塁打」(初出版)全文
あとがき

編集者のコメント

日大アメフト事件の際、「監督の命令は絶対」と教える教材として注目を集めた「星野君の二塁打」ですが、元々の小説も、書き換えられた道徳教材も、もっと深い読み方ができることがわかる一冊です。

著者プロフィール

功刀 俊雄 クヌギトシオ

奈良女子大学文学部教授 体育学、身体文化史

栁澤 有吾 ヤナギサワユウゴ

奈良女子大学文学部教授 哲学、倫理学

関連情報

朝日新聞
[21年7月5日]に紹介

日本教育新聞
[21年6月14日]に紹介