「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ポリポリ村のみんしゅしゅぎ

ポリポリ村のみんしゅしゅぎ

絵本で選挙を体験しよう

ポリポリムラノミンシュシュギ

著 者
蒔田 純[さく]・おかやま たかとし[え]
ISBN
978-4-7803-1160-0 C8037
判 型
A4判変型上製 総ルビ オールカラー
ページ数
44頁
発行年月日
2021年05月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

小学生から選挙が体験できる仕掛け絵本。
ポリポリ村にドラゴンがやってきた!
追い払う?それとも、ドラゴンの鱗で村おこしする・?
どうするか、選挙で決めよう!
村にとってどちらがいいのか、考えて投票しよう!
投票先によって、物語がふたてに分かれるよ!

CHECK

CHECK1 小学生低学年からの主権者教育にピッタリ!
CHECK2 投票先で物語が分岐するしかけ付き
CHECK3 みんなでディベートするアクティブ・ラーニングの教材にも最適

この絵本の使い方(あとがきより)

子どもたちの選択を尊重しよう 
ベアさんかディアさんか投票先を選ぶ際、まずは、決して大人が結論を出さず、あくまで子どもたち自身に考えさせ、選択させることです。少し時間をとり、子どもたちが自分なりの答えを見つけるのを優しく見守ってみてください。

大人は議論が進むようサポートする
 その一方で、子どもたちが考えやすいように論点を整理することや考えのきっかけを提供することは必要です。「この人はなぜこう考えたんだろう?」「これのメリット・デメリットは何だと思う?」といった問いを投げかけるなど、子どもの思考や子どもたち同士の議論が充実するよう、工夫をしてみてください。

「選挙は大切」と意義を伝える
また、子どもが選択をする際、それに伴う責任を感じさせることも重要です。もし子どもが「どっちでもいい」と言ったり、一度選択した後に「やっぱりこっちにする」と翻したり、あるいは「選挙なんかどうでもいい」とその意義自体を否定してしまったりした場合は、自分の選択が社会全体の今後に大きな影響を与えること、選択をしないことは社会の在り方への発言権を放棄することであること、などをきちんと説明し、理解させてください。

著者プロフィール

蒔田 純(マキタジュン)

弘前大学教育学部専任講師。小学生から主権者教育が必要との問題意識から、アニメーション動画「ポリポリ村のみんしゅしゅぎ」を作成し、それを用いた小学校での出前授業を2019年6月より開始している。現在までに16校で19回実施しており、その様子は多くのメディアで取り上げられている。

関連情報

現在はありません