「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

森のようちえんの遊びと学び

森のようちえんの遊びと学び

保育・幼児教育の原点ナチュラル・キンダーガーデン

モリノヨウチエンノアソビトマナビ

著 者
ISBN
978-4-7803-1061-0 C0037
判 型
A5判
ページ数
184頁
発行年月日
2019年11月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

子どもたちは「森のようちえん」でどう遊んで、何を学ぶのか。就学前教育の歴史を振り返り、滋賀県・せた♪森のようちえんの実践から、その教育的意義を考える。

目次

はじめに
序章 子どもたちの生態写真
序章解説 写真が語る森の意義

  • 1.霊長類に共通する生きる能力
  • 2.多彩な自然を体感する
  • 3.母の想い

1章 森のようちえんの確かな歩み

  • 1.全国に広がる森のようちえん
  • 2.滋賀でもはじまりました
  • 3.せた♪森のようちえんの保育
  • 4.保育フィールド1:都市公園
  • 5.保育フィールド2:田畑とおうち
  • コラム1これまでの歩み

2章 森で生きてる子どもたち

  • 1.森のいのちとの感動体験 ~出合い編~
  • 2.森の賜物に感謝して ~遊び編~
  • 3.森の保育は結構大変 ~育ち合い編~
  • 4.よく遊べ、よく働け ~暮らし編~

3章 園庭は自然の賜物

  • 1.世界最初のキンダーガーデンをつくったフレーベル
  • 2.百年前に「森の幼稚園」を構想した倉橋惣三
  • 3.森の幼稚園はナチュラル・キンダーガーデン
  • 4.自然を生かすも殺すも人間環境次第
  • 5.豊かな園庭を育てる
  • 6.園外で自然に触れる
  • コラム2 園庭の植栽

4章 「遊びと学び」を考える

  • 1.せた♪森のようちえんで3年間追った一人の幼児の育ち
  • 2.遊びを通して、この世界を学ぶ
  • 3.保育・幼児教育を再考する
  • 4.学説に見る、遊びと学び

5章 脳と環境、そして遊び

  • 1.脳科学から見た遊びの意義
  • 2.生きる力を支える小脳の大きな役割
  • 3.マイケル・ジャクソンは遊べなかった
  • 4.子どもの権利・遊ぶ権利

おわりに
参考文献

著者プロフィール

金子龍太郎 カネコリュウタロウ

広島大学大学院教育学研究科幼児学専攻修了。学術博士(広島大学教育学部)。社会福祉法人広島修道院児童指導員、北陸学院短期大学保育科助教授を経て、現在、龍谷大学社会学部現代福祉学科教授。

西澤彩木 ニシザワサイキ

滋賀大学教育学部卒業。私立幼稚園(大阪)、国立大学附属幼稚園(滋賀・東京)勤務。現在、せた♪森のようちえん代表、びわ湖の森のようちえん(滋賀ネットワーク)代表。滋賀大学教育学部非常勤講師。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません