「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

日本国憲法と国連

日本国憲法と国連

日本小国のすすめ

ニホンコクケンポウトコクレン

著 者
ISBN
978-4-7803-0097-0 C0031
判 型
四六判
ページ数
192頁
発行年月日
2007年04月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

日本国憲法と国連憲章は第二次大戦の惨禍から生まれた。共に平和を強く希求するが、国連憲章は、最後の手段として軍事力による平和を想定している。しかし国連は、軍縮による安全保障、戦わない平和維持活動、非軍事の人間の安全保障と、しだいに軍事力から脱却する道を進んできた。この国連の歩みを分析することを通じて、日本国憲法の先駆性、現実を論証した力作。

目次

序 説
世界大戦の教訓
第一章
国連憲章の平和保障-侵略を許すな
集団安全保障
国連システムの歴史的背景
国連システムの実態
中小諸国と国連
第二章
軍縮と安全保障-安全保障観の転換
原子爆弾の衝撃
連盟規約との比較
中小諸国の軍縮への関与
軍縮による安全保障(1)-国連の努力
軍縮による安全保障(2)-欧州の実験
核軍縮と核兵器不拡散
第三章
国連の平和維持活動-戦わざる兵士たち
平和維持活動とは
平和維持活動の原則
平和維持活動の変容
PKOの待機隊
日本のPKO参加
第四章
人間の安全保障-非軍事の世界
武力攻撃は唯一の脅威か
国連のイニシアティウ゛
脅威をつくりだしているのは誰か
武力紛争(暴力)と人間の安全保障
人間の安全保障と非軍事化
第五章
日本国憲法の平和主義
戦争放棄は理想か
中国と北朝鮮は脅威か
国連協力か、対米協力か-「国際貢献」論のからくり
テロリストとどう向き合うか
集団的自衛権とは何か-それは「妙薬」?
平和的生存権
終 章
世界の中の日本国憲法

著者プロフィール

杉江 栄一 スギエエイイチ

中京大学名誉教授。専門は国際政治学。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません