「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

なくそう!スクール・セクハラ

なくそう!スクール・セクハラ

かもがわブックレット 173
教師のためのワークブック

ナクソウ!スクール・セクハラ

編著者
ISBN
978-4-7803-0293-6 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2009年07月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

「わかりやすく、使いやすく!」を考えました!
実際に起こったスクール・セクハラの事例をもとにしてワークブック用に加工しました。これなら具体的に現場で使えます!
教師・学校関係者用に書き下ろしたものですが、ロールプレイの内容を若干変えると、大学などの大人を対象とした教育機関などでも利用できます。

目次

第1章
セクシュアル・ハラスメントとは何か
第2章
スクール・セクハラとは何か
第3章
スクール・セクハラが起こってしまったら
第4章
セクハラが起こる背景から対策を考えよう
第5章
実践編
コラム・エピソード

著者から

日本で「セクシュアル・ハラスメント」(セクハラ)という言葉が初めて使われたのは20年近く前。しかし、今なお「セクハラ」は「大した問題ではない」と軽視したり、嘲笑の対象とする傾向があります。このような理解の仕方は学校の中にもあり、子どもに対するセクハラについては、教師のみならず保護者や子ども自身も敏感になっています。

スクール・セクハラは人権問題で、教育の場では「あってはならないこと」と認識されているにもかかわらず、その防止のための研修はなぜ敬遠されるのでしょうか?それは「ベカラズ研修」だからです。

著者プロフィール

神戸大学人間発達環境学研究科 ヒューマン・コミュニティ創成研究センター、ジェンダー研究・学習支援部門
コウベダイガクニンゲンハッタツカンキョウガクケンキュウカヒューマンコミュニティソウセイケンキュウセンタージェンダーケンキュウガクシュウシエンブモン

大学が地域や学校、行政、企業などと協働し、人間らしいコミュニティの創成を目指した実践的研究を行うことを目的としている組織

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません