「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

日本農業の危機と再生

日本農業の危機と再生

地方創生の希望は食とエネルギーの産直に
さよなら安倍政権

ニホンノウギョウノキキトサイセイ

編著者
ISBN
978-4-7803-0788-7 C0036
判 型
A5判
ページ数
112頁
発行年月日
2015年08月
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

内容

このままでは日本の農業はなくなってしまう!
世界規模で広がる食糧問題と環境問題に対して、国際的な協力と再生への地道な努力がすすめられている。しかし、日本ではアベノミクスの成長戦略の名の下で、TPP参加やJA改革、大規模化など、農の再生に反する政策が加速してすすめられている。
壊滅的な危機に直面している日本農業再生のため、生産者への支援と食とエネルギーの自給圏を提案し、ほんとうの地方創生のビジョンを描く。

目次

第1部
飢餓と食糧・エネルギー問題に立ち向かう世界の動き
第1章 食料安全保障世界サミットから2014国際家族農業年へ
第2章 世界的な農業危機
第3章 有機農業と再生可能エネルギーの活用
第2部
安倍政権がすすめる日本農業解体への道
第4章 日本農業の危機と再生の方向はどうあるべきか
第5章 農業危機をさらに深刻化させるアベノミクス「農業改革」
第6章 日本農業再生に必要な政策

編集者のコメント

威勢の良いアベノミクスのかけ声も、日本社会を覆う停滞感をはねのけることは難しい。とりわけ生活の根底を支える食とエネルギー政策の転換は進んでいない。3.11の経験を未来に生かすため、地域に生きる経済学者は提案します。

著者プロフィール

村田 武 ムラタタケシ

1942年生。経済学博士。愛媛大学社会連携推進機構客員教授

関連情報

関連情報

現在はありません