「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ノンアスベスト社会の到来へ

ノンアスベスト社会の到来へ

暮らしの中のキラーダストをなくすために

ノンアスベストシャカイノトウライヘ

編著者
ISBN
978-4-87699-845-6 C0036
判 型
A5判
ページ数
128頁
発行年月日
2004年11月
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

内容

ノンアスベストへのこれからの取り組み
殺人粉じんと呼ばれるアスベストで深刻化している健康被害。様々な立場からの現状報告とノンアスベストへのこれからの取り組みを。

目次

発行にあたって
はじめに
アスベスト(石綿)をめぐる世界の動き
第1章
「アスベスト」とは——日本のアスベスト使用状況と原則禁止
第2章
アスベストによる病気について
第3章
アスベスト関連疾患の将来予測
第4章
患者と家族からの報告
第5章
具体的な被害事例の紹介
第6章
建設現場の取り組み
第7章
今後も終わらぬ吹き付けアスベスト問題
第8章
アスベスト含有建材の問題点
第9章
アスベストによる環境汚染と阪神大震災後のアスベスト飛散
第10章
アスベストの除去工事とアスベスト廃棄物の現状
第11章
継続するアスベスト使用の危険性
第12章
アスベスト原則禁止に伴う代替品について
第13章
未来のために、アジアへの被害の移動を許さないために
おわりに

推薦文

原田 正純(熊本学園大学教授)

キラーファイバー(人殺し繊維)とかキラーダストとなぜいわれるのか。
危険なキラーダストに囲まれた現世に私たちが生活していることを知る。この本にはノンアスベストの流れを見つめ、世界の流れに遅れないように、そして他国にも迷惑をかけないように、そして、私たちの子孫のためにノンアスベストの声を共にあげるための戦略がある。

著者プロフィール

石綿対策全国連絡会議 セキメンタイサクゼンコクレンラクカイギ

1987年11月14日に市民団体と労働組合が連携して結成。アスベストによる健康被害・環境破壊をなくすために、情報の収集と提供、シンポジウム、集会、そして各方面への要請等を行っている。
ホームページはこちら

中皮腫・じん肺・アスベストセンター チュウヒシュ・ジンパイ・アスベストセンター

2003年12月1日結成。アスベスト関連疾患である悪性中皮種や肺がん、アスベスト肺の被害者や家族の全国的相談窓口を開設している。アスベストに関する環境測定、調査、研究も実施している。
ホームページはこちら

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません