「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

労働の人間化とディーセント・ワーク

労働の人間化とディーセント・ワーク

ILO「発見」の旅
ロウドウノニンゲンカトディーセント・ワーク

著 者
ISBN
978-4-7803-0074-1 C0036
判 型
四六判
ページ数
264頁
発行年月日
2007年03月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

国際労働基準からみた日本人の働き方
今日の規制緩和、労働ビッグバンを国際基準で見直し、人間らしい労働と家族のあり方を築くために。数次にわたるILO訪問の旅の記録。

ディーセント・ワーク(DecentWork)とは?

グローバル経済のなか、ILO(国際労働機関)が1999年から示している新しい目標。Decentという語彙そのものは「穏当な」「慎みのある」「品のある」「きちんとした」といった意味を表す。
その内容は、国が採るべき開発課題として、誰もが適正な収入を得、働く人々の権利が守られ、社会的コミュニケーションができる仕事のこと。端的にいうと、「安心して働くことのできる仕事」或いは「人間らしい労働」を意味する。この概念を充足するキーワードは、「権利」「職と雇用」「保護・保障」「対話」である。また、このディーセント・ワークの実現は、同時にディーセント・ワーキングタイム(Decent Working Time)、ディーセント・ライフ(Decent Life)といった時間や人生そのものの量的・質的価値の見直し・改善も問うこととなる。

目次

1
ILOとの出会いについて
2
今日の日本の労働者の現状とILOの活用
3
野村証券事件の解決報告とスウェーデン訪問
4
ILOとの学習・交流の旅
5
分野別ILOとの交流
6
もうひとつのEU、そしてもう一つの日本

著者プロフィール

牛久保 秀樹 ウシクボヒデキ

1947年12月 札幌生まれ/1973年3月 東京大学法学部卒業/1976年4月 弁護士登録、東京法律事務所所属 /1990年7月 新宿総合法律事務所設立
ILO条約の批准を進める会代表
全日本教職員組合(全教)常任弁護士/JRの1047名の採用拒否撤回を求めるILO連絡会世話人/郵政事業研究会代表/世界の子どもにピース・アニメを贈る会代表など

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません