「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

労働組合運動の二つの潮流とその「未来」

労働組合運動の二つの潮流とその「未来」

民主的労働者論の新しい発展

ロウドウクミアイウンドウノフタツノチョウリュウトソノミライ

編著者
ISBN
978-4-7803-0565-4 C0036
判 型
四六判
ページ数
184頁
発行年月日
2012年08月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

労働組合、今こそ出番!
不当判決と闘う航空労働者論、橋下改革と対峙する教師論……「資本からの独立」の原点から右翼的潮流の根本矛盾を批判し、民主的労働者論の発展を試みる。国民各層の運動の高まりの中で、労働組合の果たす役割が鮮明になる。

目次

第1章
労働組合運動の原理
第2章
労働組合の右翼的潮流の根本的矛盾
第3章
安全運航を担う航空労働者の使命
第4章
教師の基本的人権と国民の教育権
 付 
客室乗務員(航空産業)の深刻な実態

読者の声

投稿者:70歳 男性

評価: ☆☆☆☆
私は昭和34、35年ごろから約15年間くらい労働運動をしていたもので、本書は、いろいろなつかしく思い出した。第4章(教育の基本的人権…)は、大変勉強になりました。

著者プロフィール

菊池 富士夫 キクチフジオ

民間航空労働組合連合会元事務局長、労働総研会員。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません