「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

ラディカルに自己刷新するマルクス

ラディカルに自己刷新するマルクス

ラディカルニジコサッシンスルマルクス

著 者
ISBN
978-4-7803-0962-1 C0030
判 型
四六判
ページ数
176頁
発行年月日
2018年05月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

マルクス生誕200年(5/5)記念出版
労働が価値を生み出すというのがマルクス経済学の神髄である。しかし、価値を生み出すのは、果たして労働だけなのか。労働者を「商品」ではなく「人間=市民」としても捉えないと、社会変革の主体を正確に捉えられないのではないか。自己の到達に満足せず、ラディカルに自己刷新をくり返したマルクスを捉え直す意欲作。

目次

1
労働者は「労働力商品」ではなく、人間=市民である
2
労働者なのに資本家の仕事をさせられる〈苦悩〉
3
貨幣はなぜ「この世の神」なのか
4
「狂った形態」の資本が世界を席巻する
5
未来を展望するマルクス

著者プロフィール

岩崎 信彦 イワサキノブヒコ

神戸大学名誉教授

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません