「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

信じぬ者は救われる

信じぬ者は救われる

シンジヌモノハスクワレル

著 者
ISBN
978-4-7803-0155-7 C0011
判 型
四六判
ページ数
160頁
発行年月日
2008年03月
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

政治にもだまされる
江原啓之を持ち上げるテレビ局
水に道徳を教えてもらう学校教師
悪徳商法に手を貸す研究者
人はなぜだまされるのか、繰り返しだまされるのか、単純な論理に飛びつくのか。そういえば、これにもだまされた「郵政民営化イエスかノーか!」。
格差社会に立ち向かうには自由で自立した思考が必要だ。スピリチュアル批判の香山リカとニセ科学批判の菊池誠が縦横に論じ合う。

目次

第一章
だまし・だまされ 私の開眼
第二章
だます側の人びと
第三章
だまされる側の人びと
第四章
信じている人を説得できる?
第五章
自立した生き方 自由な思考

著者プロフィール

香山 リカ カヤマリカ

精神科医、帝塚山学院大学教授。臨床経験を生かし、現代人の心の問題や政治・社会批評でも活躍する。

菊池 誠 キクチマコト

大阪大学サイバーメディアセンター教授。日本物理学会でニセ科学批判のシンポジウムを主宰するなど、科学者の社会的責任をふまえ、旺盛に執筆、講演。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません