「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

戦後平和主義を問い直す

戦後平和主義を問い直す

戦犯裁判、憲法九条、東アジア関係をめぐって

センゴヘイワシュギヲトイナオス

著 者
ISBN
978-4-7803-0196-0 C0021
判 型
四六判
ページ数
160頁
発行年月日
2008年08月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

東京裁判判決から60年。
なぜいつまでも侵略責任を回避する議論が続くのか。日本を犠牲者として描く映画「私は貝になりたい」が再び脚光をあびるのか。
もしかして・・・
あらゆる戦争を放棄する憲法九条が、「どんな戦争も悪いのだから」と、侵略戦争を相対化し、戦争犯罪を曖昧にする風潮をつくり出したのではないか。戦後、護憲派が避けてきた問題に切り込み、個人の責任に向きあう平和主義を提唱する問題作。

目次

第一章 東京裁判・BC級裁判の再検討
戦争犯罪・戦争責任という考え方の発生
東京裁判
BC級戦犯裁判について
戦犯裁判の意義と限界
戦犯裁判論から見た戦後日本の平和主義の問題
第二章 憲法九条をアジアのなかでとらえ直す
東京裁判 九条と天皇制
九条と沖縄
日本本土の軍事負担軽減と周辺諸国の軍事化
植民地支配への反省・償いの欠如
今後の課題
第三章 東アジア 「過去の克服」の今日的意義
日本の戦前・戦中・戦後の連続性
韓国での「過去の克服」の動き
戦後の南朝鮮・韓国と対日協力者
変わりつつある韓国社会
日本の植民地支配の残されている問題
その他のアジア諸国
世界的な過去の問い直し

著者プロフィール

林 博史 ハヤシヒロフミ

関東学院大学教授
専攻=現代史、戦争・軍隊論

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません