「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

司法に断罪された創価学会

司法に断罪された創価学会

シホウニダンザイサレタソウカガッカイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0258-5 C0036
判 型
A5判
ページ数
152頁
発行年月日
2009年02月
価 格
定価(本体価格1,300円+税)
ジャンル

内容

聖教新聞・マスコミが報じないこれだけの「有罪」「敗訴」判決!
盗聴・デマビラ配布・名誉毀損など不法・違法・人権侵害など白日に。司法が創価学会と同幹部や活動家が犯した違法行為・不法行為・人権侵害行為について、学会と同幹部の責任を認定した判決や、学会や同幹部を被告として提訴された訴状などを紹介する。創価学会の実態を知る貴重な本。

目次

1)
創価学会における人権とは
2)
デマと謀略ビラで断罪された創価学会
3)
創価学会の組織ぐるみ犯罪だった_宮本宅電話盗聴事件
4)
創価学会幹部の組織的犯行と断定_NTTドコモ通話記録盗取事件
5)
創価学会のあざとい訴訟戦術
6)
敗訴する創価学会&公明党
7)
名誉毀損で提訴されている創価学会。

はじめに

創価学会の「偽装」を白日の下に
毎年末、創価学会は「聖教新聞」掲載の首脳座談会で、「今年も創価学会は、すべての裁判で勝訴」「すべてのデマに勝利」など主張。宗教的正当性のみならず、司法判断においても自らの正当性が保証されたかのようにアピールする。だが実際には、多くの事件で創価学会は敗訴しているばかりか、他者の人権を侵害する謀略的かつ暴力的な行為に対しても、厳しい司法判断が出されている。
日本社会に蔓延する「偽装」が剥がされてゆく今日、創価学会についての「偽装」も明らかにされなければならない。本書が創価学会の実態を知る上での一助となれば幸甚である。

著者プロフィール

乙骨 正生 オツコツマサオ

1955年(昭和30年)東京都東村山市に生まれる。
創価中学、創価大学法学部卒。月刊誌、週刊誌紙メディアを中心に執筆活動を続けるフリージャーナリスト。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません