「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

災害派遣と「軍隊」の狭間で

災害派遣と「軍隊」の狭間で

戦う自衛隊の人づくり

サイガイハケント「グンタイ」ノハザマデ

著 者
ISBN
978-4-7803-0422-0 C0031
判 型
四六判
ページ数
176頁
発行年月日
2012年06月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

東日本大震災での献身的な救援活動で国民から高い評価を得て、災害派遣と「軍隊」の狭間で揺れる自衛隊。日米同盟の下で、イラクなど海外の「戦地」にまで派遣されるようになり、隊員一人ひとりには「殺し、殺される」覚悟が要求される。「戦う自衛隊」への変貌は、一人ひとりの自衛官、そして私たちの社会にどんな変化をもたらすのか。現職・元自衛官へのインタビューやさまざまな内部資料から浮き彫りになる自衛隊のリクルート活動や隊員教育の実態。そして「守るために働きたい」と語る若い隊員たちの葛藤…。気鋭のジャーナリストが戦う自衛隊の「人づくり」に光を当てた本格ルポルタージュ。

目次

第1章
陸自イラク派遣の真実
第2章
しのびよる経済的徴兵制
第3章
「戦える」隊員づくり
第4章
新隊員リクルート大作戦
第5章
真に何を守るのか

編集者のコメント

これからの自衛隊はどうあるべきなのか。東日本大震災で評価を高めた自衛隊について「人づくり=勧誘・人材育成・訓練……」に焦点をあてて切り込んだルポルタージュ。自衛官へのインタビューを通して、「大切なものを守るために」志願した思いと、現実に「守らされる」国益のギャップを明らかにする。

著者プロフィール

布施 祐仁 フセユウジン

日本平和委員会・「平和新聞」編集長。ジャーナリスト。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません