「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

自由にできる選挙活動 第4版

自由にできる選挙活動 第4版

ネット選挙対応/選挙法の解釈と実践

ジユウニデキルセンキョカツドウダイ4ハン

編著者
ISBN
978-4-7803-0715-3 C0032
判 型
A5判
ページ数
200頁
発行年月日
2014年10月 
価 格
定価(本体価格1,900円+税)
ジャンル

内容

『ここまでできる!』が特徴です
「これはできない、あれもできない」と定めた公職選挙法の中で、これまでの実践から可能となった選挙活動・政治活動を、Q&Aを中心に具体的にわかりやすく解説。この一冊で、選挙活動の幅が広がる!

目次

はじめに
第一章
公職選挙法のあらまし
1、公選法とは
2、選挙運動と政治活動
3、選挙活動
4、公示と告示
5、公選法における規制のしくみ
6、「政治活動を行う団体」とその他の団体
7、1994年以降の主な公職選挙法等の「改正」の概要
第二章
告示(公示)前の活動
1、告示(公示)前にできる活動
2、「事前運動」との対比
3、各説
第三章
告示(公示)後の活動
1、文章活動
2、ネット活動
3、街頭活動
4、集会・演説会
5、個々面接による支持拡大と戸別訪問、署名運動
6、組織内部行為
7、公務員の政治活動・選挙活動
第四章
選挙活動に対する妨害・干渉・弾圧との闘い
1、はじめに
2、警察の妨害・干渉・弾圧に対する基本的な心構え
3、警察の妨害・干渉・弾圧の手口とその闘い方
あとがき
牽引

編集者のコメント

来年は統一地方選挙の年!2013年の府知事選挙での実践もふまえて検証した本書は、ネット選挙にも詳しく触れています。選挙に立候補する人だけでなく、選挙の運動員、応援する人にも必携の一冊!

著者プロフィール

自由法曹団京都支部 ジユウホウソウダンキョウトシブ

自由法曹団は1921年(大正10年)に神戸における労働争議の弾圧に対する調査団が契機となって結成された弁護士の団体です。大衆運動と結びつき、労働者・農民・勤労市民の権利の擁護伸張を目指しています

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません