「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

自衛官が共産党市議になった

自衛官が共産党市議になった

憲法9条が結んだ縁

ジエイカンガキョウサントウシギニナッタ

著 者
ISBN
978-4-7803-0789-4 C0036
判 型
四六判
ページ数
168頁
発行年月日
2015年08月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

陸上自衛隊の自衛官として茨城県の霞ヶ浦駐屯地の後方支援部隊で、九年間勤務した私が、今年の四月の土浦市議会議員選挙で、日本共産党議員として初当選しました。自衛官であることと共産党であることは、憲法九条大切に考えるにとって自然なことでした。ところが、その九条踏みにじり自衛官他国の戦争参加させる」という集団的自衛権への動きがはじまりました。なんとか食い止めたいと思い、昨年総選挙にも挑戦し訴えました。
後輩自衛官絶対に戦死させたくない。自衛官の“声なき声”と家族の思い代弁するために、立ち上がったのです。

目次

1
安倍政権の集団的自衛権行使を許さない
2
自衛官から葬儀屋までー私の人生
3
いま、共産党市議として ー私が考えた100年安心プラン
(安倍首相の要求する代替え案を用意しました!)

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません