「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

女子力で読み解く基地神話

女子力で読み解く基地神話

在京メディアが伝えない沖縄問題の深層

ジョシリョクデヨミトクキチシンワ

著 者
ISBN
978-4-7803-0857-0 C0036
判 型
A5判
ページ数
188頁
発行年月日
2016年09月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

二人の女性ジャーナリストが、沖縄と本土の複眼で、沖縄神話とも言える疑問を解明し、基地問題の真実を語り尽くす、目からウロコの痛快対談。

目次

序 章
私にとっての沖縄
第1章
基地被害「怒りは限界を超えた」
第2章
普天間・辺野古の20年とオール沖縄
第3章
宮古島への自衛隊配備と米軍戦略
第4章
沖縄基地神話と沖縄・在京メディア
対談を終えて

読者の声

投稿者:80歳 男性 無職

評価: ☆☆☆☆
沖縄の基地が理解できました。こんな立派な女性ジャーナリストはすくないでしょう。お二人は国宝。また良い本をだしてください。

投稿者:66歳 男性 非常勤講師

評価: ☆☆☆☆
講演を聞き、本を読んで、戦後ずっと沖縄が、米軍がベトナムやイラクを爆撃するための出撃基地にされてきたことに改めて気づかされました。「9条があるから日本は平和だった、などと言ってほしくない」という三上さんの言葉が身にしみました。戦後、日本が沖縄が、アメリカの出撃拠点とされてきたことを、私たちはもっと重くうけとめなければならないと思いました。北海道の地で、同じ気持ちでがんばりたいと思います。

著者プロフィール

三上 智恵 ミカミチエ

ジャーナリスト、映画監督。毎日放送アナウンサーを経て、琉球朝日放送でキャスターを務めながら、多数の番組を制作。女性放送者懇談会放送ウーマン賞を受賞。初監督映画『標的の村』は、山形国際ドキュメンタリー映画祭監督協会賞などを受賞。映画『戦場ぬ止み』を公開中。

島 洋子 シマヨウコ

ジャーナリスト、琉球新報政治部長。琉球新報社の経済部、政治部などを経て、2016年より現職。米軍基地が沖縄経済の発展を阻害していることを明らかにした連載「ひずみの構造ー基地と沖縄経済」で、2011年「第17回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞」を受賞。後に「新報新書」として発刊された。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

新婦人しんぶん
[2017年3月2日]に紹介