「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

「終活」としての在宅医療

「終活」としての在宅医療

かかりつけ医で人生が変わる

「シュウカツ」トシテノザイタクイリョウ

著 者
太田 秀樹蜂須賀 裕子(聞き書き)
ISBN
978-4-7803-0905-8 C0036
判 型
A5判
ページ数
144頁
発行年月日
2017年03月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

 地域のネットワーク作りによる在宅ケアの哲学と実践の書。 
病院で死ぬ人は約8割、しかし約8割の人が「自宅で死にたい」と答えています。安心できる在宅医療・在宅ケアの実践を知っていただき、“病院でしか死ねない街”から“自宅で自分らしい最期を迎えられる街”へ、時代が僕たちに追いついた。

目次

序章
超高齢国家・日本と在宅介護
一章
僕たちがつくった在宅診療所
二章
[出前医者]の一日
三章
在宅医療の時代~時代が僕らに追いついた
四章
地域包括ケアの世紀
五章
[終活]としての在宅医療
コラム
写真多数、資料収録

読者の声

投稿者:女性 63歳 団体顧問

評価: ☆☆☆☆
とても読みやすく、かつ内容も深く、うなづくところの多い、いっきに読ませてくれる本でした。今後の実践的課題である地域包括ケアシステムについて、今やるべきことは何か、具体的な提案は一人一人に多くの参考になったと思います。

評価: ☆☆☆☆☆
太田先生のこれまでの活動の集大成が、読みやすくまとめられており、一気に読ませていただきました。全ての章から、在宅医療にかける先生の情熱が伝わってきました。中でも、第5章の「医療の新たな役割」は、とても勉強になりました。恥ずかしながら、老年医学会が提唱している「フレイル」の概念を初めて知りました。「社会的フレイルを阻止するには地域と豊かな関係を築くこと」という言葉は、会社人間の団塊世代には、身にしみました。「地域包括ケアシステムの決め手は町づくり」は、まったくご指摘のとおりと思います。ご著書を読んでいますと、先生の地元の在宅医療の現場を見たくなりました。

著者プロフィール

太田 秀樹 オオタヒデキ

医学博士、医療法人アスムス理事長、全国在宅療養支援診療所連絡会事務局長。1953 年奈良県生まれ。1979 年日本大学医学部卒。1981 年自治医科大学整形外科入局。同大学院終了後、整形外科医局長・専任講師を務める。1992 年在宅医療を旗印に栃木県小山市におやま城北クリニック開業し、在宅医療・介護に取り組む。1994 年法人化に伴い理事長就任。大学時代はヨット、現在はジャズ演奏(ベース)が趣味。

蜂須賀 裕子 ハチスカヒロコ

1953 年東京生まれ。武蔵大学人文学部、和光大学人文(現表現)学部卒。
編集者を経てフリーランスライターに。子ども、女性、農業、食、健康、介護などをテーマに人物インタビューを機軸としたとしたルポルタージュを手がけている。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

月刊ケアマネジメント
[2017年4月号]に紹介