「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

十七字の戦争

川柳誌から見た太平洋戦争と庶民の暮らし

ジュウナナジノセンソウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0976-8 C0036
判 型
四六判
ページ数
224頁
発行年月日
2018年9月
価 格
定価(本体価格2,200円+税)
ジャンル

※紙書籍のご購入はこちらから↓

内容

検閲や用紙統制、末期には空襲など、苛烈な太平洋戦争のさなかも、必死に出し続けられた川柳誌「番傘」「川柳きやり」
十七字に凝縮された思いから、表現せずにいられない人間と緊迫していく世相が浮かび上がる

目次

序 昭和イコール「戦う日本」
第一章 川柳誌も戦っていた その昭和十六、七年

  • 米英と戦闘状態に入れり/多少の余裕もありました/快進撃、勝利報道に酔った数カ月/欲しがりません……、欲しくても物がない

第二章 ああ、どこまで続く戦争 その昭和十八年

  • 連戦連勝、で、物価も上昇?/撃ちてし止まむ、の真相は……/衣料切符が要る死出の旅/もう隠せない程負けていた

第三章 スイカもメロンも無い夏 その昭和十九年

  • 子供も大人も、みな労働者/造れ送れといわれても……/理由なき廃刊指令/カボチャだらけの中の聖戦

第四章 降って来るのは、爆弾ばかり その昭和二十年

  • 空襲下に川柳を詠み、雑誌を作る/悲惨な戦争、ここに極まる/四頁、たった四頁、されど四頁/八月十五日 戦争は、終わった。

太平洋戦争関連年表
コラム 一字の相違
    渡邊紅衣さんの罹災記「魔火と戦ふ」

参考文献
あとがき
引用川柳索引

編集者のコメント

メディア界では「戦争ものといえば8月」が常識。各地での敗走、沖縄戦、そして広島・長崎への原爆投下と忘れてはならない被害の歴史があります。しかし、それだけでなく、庶民がどのように真珠湾攻撃の成功に沸き立ち、「万歳!」と兵士を戦場へ送り込んできたのかも、同じように忘れてはならない歴史なのではないか。本書の原稿を読んでまず感じたのはそのことです。経済統制により雑誌が統合され休刊に追い込まれる中、年を追うごとにページ数をへらしつつ出し続けた川柳誌を通じた出版文化史としても、息をのむ記述が続きます。五・七・五の十七音字という凝縮された表現には、建前と本音、思わずもれた哀切があふれ、多くのドラマがあります。川柳をたしなむ人だけでなく、多くの人に手にとっていただけたらと願っております。

著者プロフィール

田村 義彦 タムラヨシヒコ

フリーライター、編集者。昭和16年(1941)、北海道釧路市に生まれる。昭和42年(1967)、上智大学文学部新聞学科卒。同年、出版社入社、週刊誌編集。途中退社。夕刊誌編集、編集プロダクションなどを経て、フリーランスに。ある川柳関連単行本の編集をきっかけに、現代川柳の資料を集め出し、その一部をまとめたのが今回の著作。資料に準拠した現代川柳史を目指したいのですが、さて、残された時間が……

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

北海道新聞[2018年12月2日]に紹介

毎日新聞[2018年11月27日]に紹介

日本海新聞[2018年10月22日]に紹介