「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

13歳からの日本外交

13歳からの日本外交

それって、関係あるの!?

13サイカラノニホンガイコウ

著 者
ISBN
978-4-7803-1022-1 C0031
判 型
A5判
ページ数
180頁
発行年月日
2019年04月
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

現代史を学ぶ機会の少ないあなたへ
ベテラン外交官が協力・共存への日本外交を提起。現代史を学ぶ機会の少ない中高生も、世界を理解でき、戦略的思考を磨くことができます。

目次

序 章 13歳に「日本外交」を学んで欲しい理由
第一章 日本外交の環境 
 1、「複合的相互依存」とは
 2、植民地主義の衰退
 3、新しい流れ:ナショナリズム、自国第一主義の台頭
 4、「核抑止力」が機能しない時代の到来
第二章 外交の基礎、価値観の違いの認識
 1、外国人は日本をどのように見て来たか
 2、外交で自国の利益を100%実現することはできない
 3、北朝鮮の核兵器開発にどの様に対処すべきか
第三章 国際社会で日本の特殊性は何か
 1、『菊と刀』『日本人とユダヤ人』の日本人の見方
 2、日本人は「戦略的思考」をほとんどしない
 3、優れた「戦略的思考」の手順
第四章 日本外交の負の遺産
 1、占領体制の影響
 2、サンフランシスコ講和条約と米国の戦略
 3、安保条約でアメリカは日本を守るのか
第五章 日本外交のあるべき姿の模索
 1、「憎しみ合い」から「協力」へ
 2、歴史的事実は素直に認めよう
 3、外交三原則の検討
 4、国連憲章を重視した時の米国との摩擦
 5、日本はテロにどう対応すべきか
第六章 日本外交のあるべき姿の模索——領土問題
 1、領土問題で軍事紛争にならない対応とは
 2、北方領土問題の解決のために
 3、尖閣問題の解決のために
終わりに

著者プロフィール

孫崎 享 マゴサキウケル

1943 年、旧満州生まれ。東京大学法学部を中退し、外務省に入省。駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使、防衛大学校教授などを歴任。現在、東アジア共同体研究所長。ツイッター、ニコニコ動画など、ソーシャル・メディアにも注力。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません