「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

戦後最悪の日韓関係

戦後最悪の日韓関係

その責任は安倍政権にある

センゴサイアクノニッカンカンケイ

著 者
ISBN
978-4-7803-1071-9 C0031
判 型
四六判
ページ数
206頁
発行年月日
2020年01月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

法的、政治的、歴史的な検討を包括的に行った
安倍政権は「解決済み」とくり返す。しかし、この問題はそもそも日本の植民地支配が生み出したものだ。しかも、昨年の韓国大法院判決後、日本政府がとった対応は、外交上も法律上も問題だらけだった。弁護士として長く人権問題に携わってきた著者が、安倍政権の責任の全貌を明らかにし、解決策を提示する。

目次

はじめ
第一章 日韓GSOMIAの足どり
  GSOMIAとは何
  、ドタキャンとなった日GSOM
  、日GSOMIAの締結
第二章 危うい日韓の諸合意
  二〇一五年一二月、慰安婦問題合
  、ゆり戻される慰安婦問題合意と日GSOMIA
  、徴用工問題判決││時限爆
第三章 徴用工問題損害賠償認容判決へ
  、幻に終わった韓国政府の司法介
  、法と正義は守られ
  、附論 わが国の司法介入の実 
第四章 日韓関係カタストロフへ
  、暗礁に乗り上げた慰安婦問題合意と合意の履行を迫る日本政
  、二〇一八年一〇月三〇日韓国大法院判決(新日鉄住金大法院判
  、日韓関係カタストロフへの一本
第五章 日韓請求権協定に基づく協議等
  、事実経
  、日韓請求権協定に基づく協議等 問題
  )三権分立を無視し、統治構造の破壊を求める要
  )極めて一面的で硬直した見解の押し付
     附  韓国政府は従来の見解を変えたの
  )政治日程をにらんだスケジュール闘争であったこ
  )侮辱的で、外交的・国際的儀礼を欠くも
第六章 禁じ手の報復措置
  、外為法の輸出等許可・審査手続
  、韓国向け輸出等許可・審査手続きの厳格
  、不当な報復措
終 章 日韓関係をどう修復していくか
  、韓国政府の決
  、韓国政府の責任か
  、修復の第一段階 実務的・実利的対処と民間交流
  、修復の第二段階 河野談話、村山談話等の立場に復帰するこ
  、修復の第三段階 朝鮮侵略と植民地支配が国際法違反だったと明らかにす 
 ()朝鮮に対する侵略戦争と植民地支配の歴史 日露戦争終結ま 
 )朝鮮に対する侵略戦争と植民地支配の歴史 第二次日韓協約締結経 
 )朝鮮に対する侵略戦争と植民地支配の歴史 日韓併合条 
 )正義・人道の通念、国際法に照らし許されないものであっ
  、土壇場での韓国政府の方針転
あとが

著者プロフィール

深草 徹 フカクサトオル

1946年6月28日生。
1969年東大法学部卒、鉄鋼会社勤務を経て1977年弁護士登録労働事件、公害事件を中心に、憲法が保障する基本的人権に関わる事件を多数担当2018年憲法問題、政治史の研究に打ち込むため、弁護士をリタイア。
現在は、深草憲法問題研究室主宰し、講演等を通じて現行憲法の意義を広め、これを擁護する活動に携わる九条の会・ひがしなだ共同代表世話人。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません