「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

志賀直哉の短編小説を読み直す

読み直し文学講座Ⅳ

志賀直哉の短編小説を読み直す

「小説の神様」が仕組んだ「神話」と「歴史」のトリック

シガナオヤノタンペンショウセツヲヨミナオス

著 者
ISBN
978-4-7803-1130-3 C0395
判 型
A5判
ページ数
112頁
発行年月日
2021年01月 
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

内容

読み直し文学講座
「小説の神様」とも言われる志賀直哉の4篇の短編小説。一見現実批判とは縁遠いように思われる志賀作品だが、神話や民俗的伝承に根差した、根源的な社会批判を読みとることができる。そうした小説作法のエッセンスを味わう。

目次

第Ⅰ章
『小僧の神様』―神話や民俗的伝承に根差した、根源的な社会批判
第Ⅱ章
『城の崎にて』―神話から湧き上がる、原初の世界の死生観
第Ⅲ章
『焚火』―霊的存在や神が紡ぎ出す、自然と人間との神秘的融合
第Ⅳ章
『真鶴』―和歌と歴史を媒介にした、心境小説 /社会小説

著者プロフィール

島村 輝 シマムラテル

フェリス女学院大学教授。専門は、日本近代文学、プロレタリア文学。「逗子・葉山九条の会」事務局長、日本社会文学会代表理事などを歴任。「蟹工船」エッセーコンテスト選考委員長を務めるなど、小林多喜二の研究で知られる。

関連情報

現在はありません