「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

裁かれなかった原発神話

裁かれなかった原発神話

福島第二原発訴訟の記録

サバカレナカッタゲンパツシンワ

著 者
ISBN
978-4-7803-1142-6 C0032
判 型
四六判
ページ数
288頁
発行年月日
2021年02月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

原告たちの法廷闘争と今を追う
福島第一原発事故の36年前、その安全性に疑問を抱き、設置許可取り消しを求めて国に挑んだ住民たちがいた。地裁、高裁、最高裁ー。
司法は訴えを退けたが、3・11事故が住民の正しさを悲惨な形で立証した。
彼らは何を訴え続けたのか。屈せざる闘いの軌跡と今を追う。

目次

第1章
福島に東京の原発がやってくる
第2章
ぶらさげられた「アメ」
第3章
地元住民、反旗を揚げる
第4章
似て非なる「公聴会」
第5章
周辺住民、「巨象」に挑む
第6章
スリーマイル島事故は影を落としたか
第7章
司法の「厚い壁」
第8章
そして福島原発は爆発した

著者プロフィール

松谷 彰夫 マツタニアキオ

1947年、福島に生まれる。福島生業訴訟原告。高校3年で洗礼を受け、キリスト教徒に。東北大学文学部を卒業し、同大学院文学研究科修了。福島県内各地の県立高校(倫理、世界史)に勤務。退職後は、県立学校退職教職員の会に加わる。

関連情報

現在はありません