「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ちかちゃんのきゅうしょく

ちかちゃんのきゅうしょく

食物アレルギーのおはなし

チカチャンノキュウショク

著 者
ISBN
978-4-7803-0109-0 C0737
判 型
B5判
ページ数
48頁
発行年月日
2007年09月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

食物アレルギーを持つ子どもへの理解を
「ちかちゃんは小学1年生。食物アレルギーがあります。はじめての給食時間になりました。お弁当をひろげたちかちゃんに、早速お友達が「どうして?」と声をかけます。うまく説明できないちかちゃんの目の前に、妖精があらわれて・・・。」
食物アレルギーの子は、自分の体を守るために、「食べない」選択をしています。でも、本当は、みんなと同じように食べたいはずです。周囲のおとなは、どれだけ、そんな気持ちに気づいているでしょうか?食物アレルギーを正しく理解し、「かわいそう」と哀れむのではなく、「がんばっているね」と応援してあげてください。
食物アレルギーの子を持つ親、保育園や学校で食に携わる人、栄養士学校などの教材に、「食育」の一環に、ご活用ください!

読者の声

投稿者:40歳

評価: ☆☆☆☆
子どもは4歳ですが、4歳なりに理解しています。わからないこともありますが、仲間がいて安心できています。ちかちゃんだけでなく、いろいろな子ががんばっていることは、きちんと伝わっているようです。ありがとうございます。

編集者のコメント

あなたは「食物アレルギー」のことを、どれくらい知っていますか?
この絵本の主人公ちかちゃんは、乳製品を食べるとすぐ症状が出る「はっきり型(即時型)」の食物アレルギーの子どもです。一方、「かくれ型(遅延型)」という摂取後、半日から翌日以降に症状があらわれるアレルギーもあります。
ちかちゃんは小学校一年生。初めての給食時間に持参のお弁当をひらいた、ちかちゃんに、お隣のひろくんが「えっ? ちかちゃん どうしてお弁当なの?」と訊ねるところから、このお話は始まります。
筆者は、「食物アレルギーの子を持つ親の会」のスタッフで、娘さんが生後6か月で食物アレルギーと診断されます。過去に、ごく微量の摂取で症状が出ることを説明しても、理解してもらえなかったり、「いつになったら食べられるの?」という問いかけを、何度も受けてきたと言います。食物アレルギーは、好き嫌いではないということも、個人差の大きい疾患であるということも、まだよく理解されていないという現実。周囲のおとなが、原因となる食物(アレルゲン)の除去の必要性を認め、子どもをせかさないで見守ってくれたら! そして、食物アレルギーの子どもに、仲間がたくさんいることを伝えたい! という思いから、この絵本は生まれました。「食物アレルギー」のことを理解してもらうための絵本です。

著者プロフィール

光本 多佳子 ミツモトタカコ

兵庫県生まれ、東京在住。2000年に女児を出産。生後6か月で食物アレルギーと診断され、除去食治療を開始する。生後10か月の娘を区立保育園に預けて職場復帰。2004年より、「食物アレルギーの子を持つ親の会」のスタッフとなり、会報の編集作業に携わる。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません