「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

新版・騙される人 騙されない人

どうつくる?障害者総合福祉法

権利保障制度確立への提言

ドウツクル?ショウガイシャソウゴウフクシホウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0355-1 C0036
判 型
四六判
ページ数
176頁
発行年月日
2010年04月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル


内容

新しい総合福祉法のあり方を提言
2010年1月7日、障害者自立支援法違憲訴訟原告団・弁護団と国(厚生労働省)との間で交わされた基本合意文書には、障害者の人間としての尊厳を深く傷つけた障害者自立支援法を2013年8月までに廃止し、新たな総合的福祉制度を策定すると明記され、障害当事者が制作策定作業に参加する「障がい者制度改革推進会議」が発足した。
本書は、その基点に権利保障を貫き、サービス給付のみに限定しない新しい「総合福祉法」のあり方について具体的に提言を行うものである。

目次


はじめに                                 鈴木  勉

序章:障害者自立支援法廃止をめぐる動向をどう見るか            峰島  厚

第1章:障害者総合福祉法の基本視点

 1 障害者総合福祉法への期待                      井上 泰司
     __新法は障害当事者や家族の実態を変えられるか__
 2 障害をもつ者の権利条約批准に向けて求められる制度改革        瀧澤 仁唱
     __障害者基本法・障害者差別禁止法・障害者虐待防止法への視点__

第2章:障害者総合福祉法への具体的提言 1 福祉サービス法の視点から

 1 障害の範囲と福祉サービス支給決定方式のあり方を考える        佐藤 久夫
 2 障害者を地域で支える相談支援を考える                木全 和巳
 3 居宅生活を支える支援制度を考える                  塩見 洋介
 4 日中活動の場のあり方を考える                    雨田 信幸
 5 暮らしの場のあり方を考える                     田中 智子

第3章:障害者総合福祉法への具体的提言 2 障害児者の権利保障の視点から

 1 障害児支援の仕組みを考える                     池添  素
     __療育システムと学齢期・子育て支援__
 2 障害者の就労問題解決のために                    伊藤 修毅
 3 障害者の所得保障を考える                      磯野  博
 4 障害者の高齢化の課題を考える                    植田  章
 5 障害者の医療的ケアのあり方を考える                 杉本 健郎
 6 精神障害者の地域生活を支えるために                 山本 耕平
 7 福祉労働をより安定的なものとしていくために             井上 泰司

第4章:社会福祉のあり方の根本的転換を

 1 障害者自立支援法の根本問題は何であったか              伊藤 周平
    __高齢者・障害者総合福祉法の制定を__
 2 消費者主権主義を乗り越えて                     宗澤 忠雄

資料 平成二二年一月七日基本合意文書

編集者のコメント

政権交代によって「障害者自立支援法」が廃止されます。人間の誇りをかけて違憲訴訟に立ち上がった障害者の意思を、具体的な権利保障の制度として実現するために、本書を緊急出版します。

関連書籍

現在はありません

関連情報

現在はありません