「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

だから、言ったでしょっ!

だから、言ったでしょっ!

核保有国で原爆イベントを続けて

ダカラ、イッタデショ!

編著者
ISBN
978-4-7803-0439-8 C0095
判 型
四六判
ページ数
184頁
発行年月日
2011年05月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

アメリカ在住の芥川賞作家から被爆国・日本の若いみなさんへー反核・平和の遺言的メッセージ
核保有国は核廃絶に熱心ではなく、そこの住民は核の恐さを知らない。日本の大地震では恐れていた原発の炉心融解が起き、歴代政府の責任が問われている。唯一の被爆国・日本の若者たちは、平和と安全のために行動して欲しい。核保有国の若者も、それに応える資質を持っている。

目次

第一章
被爆国・日本の若いみなさんの未来のために
第二章
核所有国の住民は、核の恐さを知らない
第三章
私が原爆イベントをアメリカでする深い動機
第四章
私たちの町の草の根運動の始まり
第五章
初めての原爆イベントと独立記念日パレード
第六章
会場探し、そしてハロルドの死
第七章
初めての大学でのイベント
第八章
涙する高校生、大学生も
第九章
さすが、平和アカデミーの学生たち
第十章
信念を持った女子学生との出会い

すいせん

秋葉忠利    (広島市長)
米谷ふみ子さんは私の尊敬する作家ですが、文字通り、「世界の明日は自分が変えていかなければ」という責任感・義務感で、人生のほとんどを過ごして来られたユーモア感覚あふれる「スーパー人間」です。この本を読むことで、あなたの中にある、「スーパー人間」を自覚し、明日の地球を救って下さい。

読者の声

投稿者:77歳 女性

評価: ☆☆☆
著者の行動力に勇気づけられ、私も少しでも著者に近づけるようにがんばる覚悟ができました。今後は、平和のありがたさ、平和憲法9条の大切さを若者たちとともに、かみしめられるように、戦争体験などを語り、我が人生をまっとうしたいと思います。

投稿者:75歳 男性

評価: ☆☆☆
原発や核の反対運動は政治家に任せる問題ではない。被害者は、人間と生物、核の怖さを知り、1人でも多くの人に伝える人に、だれでもなることが平和を勝ち取る。

投稿者:74歳 男性

評価: ☆☆☆
元気なオバチャンよりエネルギーをもらい、反原発・反核兵器にがんばっています。

著者プロフィール

米谷 ふみ子 コメタニフミコ

作家・画家、ロサンゼルス在住。油絵を仁科展に出品し、関西女流美術賞を受賞。「遠来の客」で文学界新人賞、「過越の祭」で芥川賞、「ファミリー・ビジネス」で女流文学賞を受賞。
アメリカで反戦・反核運動に参加。最近は米日政府への政策批判を行っている。

関連情報

京都新聞[2011年09月04日]に紹介

京都新聞[2011年09月04日]に紹介

しんぶん赤旗[2011年05月30日]に紹介

しんぶん赤旗[2011年05月30日]に紹介

読売新聞・夕刊[2011年05月24日]に紹介

読売新聞・夕刊[2011年05月24日]に紹介