「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

「テロとの戦い」を疑え

「テロとの戦い」を疑え

紛争地からの最新情報

「テロトノタタカイ」ヲウタガエ

著 者
ISBN
978-4-7803-0910-2 C0031
判 型
A5判
ページ数
188頁
発行年月日
2017年04月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

 戦場ジャーナリストが戦火の現場から徹底検証 
活動、自衛隊南スーダン派遣、トランプ大統領誕生後の中東…戦場ジャーナリストが戦火の現場から徹底検証。写真・地図160点。

目次

カラーグラビア
序 章
中東問題とは何か-「シリア内戦」を軸に
第1章
フランス同時テロから「テロとの戦い」を考える
第2章
トルコ国境で「シリア内戦」を考える
第3章
戦争はなぜ始まり、どう伝えられるのか
第4章
南スーダンとトルコクーデターの「不都合な真実」
第5章
「アラブの春」のダブルスタンダード
第6章
平和の切り札「北風と太陽」
第7章
イラク最新取材から「トランプ時代の中東」を考える

読者の声

投稿者:男性 63歳

評価: ☆☆☆☆
まさに目から鱗です。安倍政権のでたらめさが正確にあからさまに述べられています。共謀罪の審議されている今こそ、広く読まれるべき本です。

著者プロフィール

西谷 文和 ニシタニフミカズ

吹田市役所勤務を経て、フリージャーナリスト。NGOイラクの子どもを救う会代表。紛争地の子どもたちの被害の取材と支援活動を10年以上続ける。第12回平和・協同ジャーナリスト基金賞受賞。報道番組などで海外事情をレポートしている。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

通販生活
[2017年盛夏号]に紹介

京都新聞
[2017年4月30日]に紹介