「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

#黙らない女たち

#黙らない女たち

インターネット上のヘイトスピーチ・複合差別と裁判で闘う

ダマラナイオンナタチ

著 者
ISBN
978-4-7803-0969-0 C0036
判 型
A5判
ページ数
152頁
発行年月日
2018年08月 
価 格
定価(本体価格1,300円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

ヘイトスピーチを拡散した在特会と、まとめサイト「保守速報」との裁判の記録。
在特会による民族を理由としたインターネット上での度重なる誹謗中傷。「ここで泣き寝入りしたら、別のだれかが同じ思いをする」。
奮起した著者は、名誉毀損でふたつの裁判を起こす。ひとつは在特会への裁判。
もうひとつは、まとめサイト「保守速報」への裁判。本来、多様な人たちが発信し出会う場であるインターネットを、これ以上ヘイトスピーチの舞台にはしない。「在日朝鮮人」で「女性」であることへの二重の差別=複合差別も許さない││裁判にかける著者の想いをつづる。インターネット上での誹謗に苦しむ人、マイノリティ女性、ヘイトスピーチに「黙らさ」れているすべての人に贈る、闘いの記録。

目次

京都朝鮮学校襲撃事件から、原告になるまで
ふたつの裁判―在特会と保守速報を訴える
チマ・チョゴリを着る日
裁判で勝ち取ったもの 
ヘイトスピーチとは何か―
法廷で裁かれたもの
尊厳の恢復を求めて

著者プロフィール

李 信恵 リシネ

1971年生まれ。大阪府東大阪市出身の在日コリアン2.5世。フリーライター。女性誌や地域情報誌で記事を執筆。現在はインターネットのニュースサイト(アジアプレス、ガジェット通信)をはじめ、新聞(日刊ゲンダイ)や月刊誌(部落解放、ヒューマンライツ、イオ)、ラジオ(ラジオフォーラム)など各種媒体でライター、取材記者として活動。2014年やよりジャーナリスト賞受賞。

上瀧 浩子 コウタキヒロコ

弁護士。京都弁護士会所属。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません