「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

#黙らない女たち

#黙らない女たち

インターネット上のヘイトスピーチ・複合差別と裁判で闘う

ダマラナイオンナタチ

著 者
ISBN
978-4-7803-0969-0 C0036
判 型
A5判
ページ数
152頁
発行年月日
2018年08月 
価 格
定価(本体価格1,300円+税)
ジャンル

内容

ヘイトスピーチを拡散した在特会と、まとめサイト「保守速報」との裁判の記録。
在特会による民族を理由としたインターネット上での度重なる誹謗中傷。「ここで泣き寝入りしたら、別のだれかが同じ思いをする」。
奮起した著者は、名誉毀損でふたつの裁判を起こす。ひとつは在特会への裁判。
もうひとつは、まとめサイト「保守速報」への裁判。本来、多様な人たちが発信し出会う場であるインターネットを、これ以上ヘイトスピーチの舞台にはしない。「在日朝鮮人」で「女性」であることへの二重の差別=複合差別も許さない││裁判にかける著者の想いをつづる。インターネット上での誹謗に苦しむ人、マイノリティ女性、ヘイトスピーチに「黙らさ」れているすべての人に贈る、闘いの記録。

目次

1部
尊厳の回復を求めて
1章 オンニとの出会い
2章 裁判を起こすまで
3章 チョゴリを着る日
2部
法廷からみる、複合差別・ヘイトスピーチ
4章 ヘイトスピーチとは何か
5章 2つの裁判をめぐって
6章 これからの課題

読者の声

投稿者:30歳代 女性 主婦

評価: ☆☆☆☆☆
本書で初めて「複合差別」という言葉に出会いました。p.105の「複合差別が、二つの差別の足し算ではなく、掛け算であるとされるゆえんである。」という文まで読むと、涙が止まらなくなりました。
女性である自分自身が現在直面している差別に対し、怒っていいんだよと言われているように感じました。

投稿者:72歳 男性 無職

評価: ☆☆☆☆
民族差別と女性差別が増幅されて「複合差別」があることを、この本によって初めて知りました。ヘイトスピーチのこともあまりツイッターなどを閲覧しないので、民族差別の問題だと理解していました。背後というより並行的に女性差別があることを、もっと注意していかなければなりませんね。

著者プロフィール

李 信恵 リシネ

1971年生まれ。大阪府東大阪市出身の在日コリアン2.5世。フリーライター。女性誌や地域情報誌で記事を執筆。現在はインターネットのニュースサイト(アジアプレス、ガジェット通信)をはじめ、新聞(日刊ゲンダイ)や月刊誌(部落解放、ヒューマンライツ、イオ)、ラジオ(ラジオフォーラム)など各種媒体でライター、取材記者として活動。2014年やよりジャーナリスト賞受賞。

上瀧 浩子 コウタキヒロコ

弁護士。京都弁護士会所属。

関連情報

現在はありません