「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

「どの絵本読んだらいいですか?」

元「童話屋」読書相談員・向井惇子講演録

ドノエホンヨンダライイデスカ

編著者
ISBN
978-4-7803-0999-7 C0095
判 型
四六判変型
ページ数
144頁
発行年月日
2019年01月 
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

選んで読んで幼い子どもと楽しむ絵本ガイド
たくさんの絵本を前に、どんな絵本を読んであげたらいいのか迷っているお父さんお母さん、そして子どもとかかわるお仕事をされている方々へ。
かつて、マスコミにはいっさい登場しなかったにもかかわらず、数千人もの子育てママから「第二の母」と慕われ続けた伝説の絵本アドバイザーがいました。子どもの本の専門店「童話屋」の元読書相談員・向井惇子さんです。その気さくであたたかな講演が、一冊の本になってよみがえりました。
「とりあえずこの順番通りに読んでみて」と惇子さんがおすすめした「100冊の絵本リスト」と「読みものリスト」も掲載。

目次

はじめに…………向井ゆか

1 子どもの成長に寄り添った絵本選び
 赤ちゃんの体に触れる、言葉でも触れる
 赤ちゃんに必要なのは、本ではありません
 本を読んであげるタイミング
 いくつからでも楽しめる読書体験
 信頼できるおとなと過ごす安心感 『ちいさな ヒッポ』
 冒険をしながら少しずつ世界を広げていく 『アンガスとあひる』
 反抗しても受け入れてくれる家族 『どろんこハリー』
 自分の価値観で生きていく 『あおい目のこねこ』
 絵本の形態には意味がある

2 「生きる力」を育む読書
 願うこと・自分を思ってくれる人がいること 『ロバのシルベスターとまほうの小石』
 三種類の『おおきなかぶ』
 語り方と、絵の表現を比べてみる
 本を選んだ大人の価値観が伝わる
 言葉と絵から体得する「美しさ」
 本を読むということ
 質問に応えて

3 その後の勉強会から
 試行錯誤/たくさんの生活体験を/絵本を読んであげる十分間/字の形、美しさ/絵本のことを「よく知る」ために/子どもの感性の基礎となるもの/リストについて

 受け継がれていくもの…………星 望

 おわりに…………向井ゆか

巻末資料
  講演時に展示した一〇〇冊リスト
  東山絵本勉強会で配られた読みものリスト

著者プロフィール

向井 ゆか ムカイユカ

自己紹介!「本屋で本格的に働いたら本領が発揮され、本読みもうまかった向井惇子の本物の娘。本来本質的に本が好き。本書の本文の編集とイラストを本気で担当」。現在、ニューヨーク在住。これ本当。

向井 惇子 ムカイアツコ

1931年生まれ。NHK函館放送局放送部でラジオのお話のお姉さんとして朗読を担当。結婚・出産・子育てを経て1977年に開店した東京・渋谷の書店「童話屋」、横浜の「たまプラーザ童話屋」で読書相談員として20年働く。その後も絵本アドバイザーとして数多くの講演会や勉強会の講師を務める。2017年逝去。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません