「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

脱セクシュアル・ハラスメント宣言

脱セクシュアル・ハラスメント宣言

法制度と社会環境を変えるために

ダツセクシュアルハラスメントセンゲン

編著者
角田 由紀子 伊藤 和子
ISBN
978-4-7803-1151-8 C0036
判 型
A5判
ページ数
224頁
発行年月日
2021年04月 
価 格
定価(本体価格2,500円+税)
ジャンル

内容

#MeToo運動で改めて浮き彫りになった性暴力とセクハラ
セクシュアル・ハラスメントを告発する運動として世界に広まった#MeToo運動。一方、日本では財務省事務次官によるセクシュアル・ハラスメントを「セクハラ罪はない」と擁護する政治家がいます。日本はいかにセクハラに甘い社会なのか、その歴史と構造を解き明かし、民事・刑事の両面から法制度改革を提案します。私たちでつくるセクシュアル・ハラスメントのない社会はどんなものかーいっしょに考えましょう。

目次

第1部
セクシュアル・ハラスメントを生む不平等な社会構造
第2部
セクシュアル・ハラスメントのない社会をつくるために
資料
関連の法律、全国のセクシュアル・ハラスメント相談窓口

編集者のコメント

日本でセクシュアル・ハラスメントの被害が後を絶たないのは、なぜなのか。社会からセクシュアル・ハラスメントをなくすには、どうしたらいいのか。現在の課題を見据え、わたしたちは何をどう変えていけばいいのかについて、1冊にまとめました。セクシュアル・ハラスメントをきちんと理解するために。

著者プロフィール

角田 由紀子 ツノダユキコ

弁護士。1986 年から東京・強姦救援センターの法律顧問。以後、性暴力に関わる事案で被害者側代理人を務めてきた。 1989 年、初のセクシュアル・ハラスメント裁判を福岡地裁に起こした。

伊藤 和子 イトウカズコ

弁護士。ミモザの森法律事務所代表、NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長、理事。日弁連両性の平等に関する委員会委員。ジェンダー法学会理事。

関連情報

前衛
[21年7月号]に紹介