「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

和合亮一が語る福島

和合亮一が語る福島

講演会・インタビューと奈良女子大生の福島訪問記
奈良女子大学文学部〈まほろば〉叢書

ワゴウリョウイチガカタルフクシマ

著 者
ISBN
978-4-7803-0756-6 C0395
判 型
A5判
ページ数
160頁
発行年月日
2015年04月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

震災4年目を前に、和合亮一は福島になにを見、なにを伝えようとするのか
震災から三年。被災地の詩人としてツイッターで発信を続けてきた和合亮一が、奈良女子大学の講演会をきっかけに、学生に福島を案内する。汚染土が野ざらしに積まれた飯館。人のいまい町、小高。疑心暗鬼のなか、3年目は笑うしかない、とたくましく語る地元住民。和合さん自身も震災後、初めて目の当たりにする原発建屋ー。
旅するなかで、原発災害がもたらした現実が語りかけるものとは。文学は、震災にどう立ち向かうのか。
奈良女子大生が講演会、インタビュー、訪問の記録をまとめる。

目次

はじめに
第一章
「福島に生きる 福島を生きる」
第二章
「僕は震災では変わってないんです」
第三章
奈良女子大生による和合さん訪問記
まとめにかえて

本書の特徴

1)
和合氏の震災体験、創作の原点、その手法から人柄までが分かる
2)
和合氏が独自の視線で3年目の福島を案内する
3)
女子大生による初々しい視点で、被災地の現状がわかる

関連情報

現在はありません