「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

汐凪を捜して

汐凪を捜して

原発の町 大熊の3.11

ユウナヲサガシテ

著 者
ISBN
978-4-7803-0652-1 C0095
判 型
四六判
ページ数
288頁
発行年月日
2013年11月 
価 格
定価(本体価格1,900円+税)
ジャンル

内容

その時、原発の町でなにがあったのか。娘を捜す父親と現場で出会った写真家が、1年半をかけてまとめた渾身のルポ
震災で父、妻、そして次女の汐凪(ゆうな)ちゃんが行方不明となった福島県大熊町の木村紀夫さん。自宅から3キロのところにあった福島第一原発の事故のため、家族の捜索を続けることは許されなかった。2ヵ月後、父と妻の遺体は発見されたが、汐凪ちゃんは行方不明のままだ。あの日、原発のある町で人々はどう行動し、何を思ったのか。汐凪ちゃんが最後に会った親友、先生、隣人、未曾有の震災に対応した役場職員、町長、東電社員や協力会社の作業員たち、30人をこえる人々の証言で紡いでいく。

目次

はじめに
第1章
春待つ浜で
第2章
3月11日 午後2時46分
第3章
そして、津波が襲った
第4章
まさかの原発事故
第5章
「町を出ろってですか!」
第6章
声が聞こえた
第7章
バリケードでふさがれた故郷
第8章
町と原発、それぞれの思い
第9章
汐凪を捜して
あとがき
掲載できなかった一枚の写真  
出版に寄せて

読者の声

投稿者:58歳 男性 自営業

評価: ☆☆☆
詳細なデータに基づいて書いてあったのに驚きました。写真が多く載っていたので、文章内容がわかりやすかったです。

投稿者:68歳 女性

評価: ☆☆☆
私は津波で塩釜二中の体育館で10日間だけ過ごしましたが、福島の人たちは津波だけでなく、原発事故もあって家にもどれないし、家族もなかなか探せなくて、本当に身につまされました。かわいそうです。原発はやめてほしいです。宮城にも女川原発があり、ひとごととは思えません。

著者プロフィール

尾崎 孝史 オザキタカシ

1966年、大阪府生まれ。写真家。主に沖縄、中東で撮影を続ける。リビア内戦の撮影中3・11を迎え、帰国後福島を継続取材。週刊朝日、週刊新潮、DAYS JAPAN、グローバルボイス、韓国タレク新聞など内外のメディアで被災地福島のルポを発表する。第37回視点展で組作品「厳冬 警戒区域」が視点賞受賞。
チェルノブイリ博物館で13年末まで開催中のモリットヴァ・ザ・フクシム(「福島への祈り」展)に参加。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

東京新聞[2014年5月19日]に紹介

東京新聞[2014年5月19日]に紹介

朝日新聞夕刊[2014年5月1日]に紹介

朝日新聞夕刊[2014年5月1日]に紹介

写真展のお知らせ

写真展のお知らせ

ジャーナリスト[2014年3月25日]に紹介

北海道新聞[2014年3月3日]に紹介

東京新聞[2014年1月31日]に紹介

DAYS JAPAN[2013年10月号]に紹介

週刊朝日[2013年8月27日]に紹介